障害年金についてのご相談・手続き代行は神奈川障害年金相談室へ ー 無料相談実施中 ー

障害年金専門の社会保険労務士が受給までをトータルサポート!!

神奈川障害年金相談室

運営:吉崎社会保険労務士事務所 (神奈川県茅ケ崎市富士見町12‐20)

営業時間

10:00~18:00
(土日祝対応可)

相 談 料

初回の相談は0円です。

お気軽にお問合せください

0467-87-6102

眼の障害

眼の障害の対象となる主な傷病名として、白内障、緑内障、ぶどう膜炎、眼球萎縮、癒着性角膜白斑、網膜脈絡膜萎縮、網膜色素変性症、糖尿病性網膜症、網脈血管硬化症、網膜中心性静脈血栓症、視神経萎縮、先天性弱視、小眼球症、ベーチェット病、黄斑部変性症 などがあります。

眼の障害のポイント

 眼の障害というと、視力がすぐに頭に浮かぶと思いますが、それだけではありません。眼の障害の対象には、「視力障害」「視野障害」「その他の障害」があります。

1.視力障害
 視力の測定には、ランドル環という視力表を用いて行うことになっています。名前を言われるとわからないかもしれませんが、白地に黒のCの形のどの方向に切れ目が入っているのかを答える方法の視力表です。
 障害等級は眼鏡やコンタクトレンズを使った矯正視力で判断されます。ただし、左右の網膜に映る像の大きさや形が異なるなど矯正することによって苦痛を伴う場合や矯正できない場合などは裸眼視力で認定されます。

2.視野障害
 視野とは、一点を注視したときに周囲に見える範囲のことをいいます。視野の測定にはゴールドマン視野計等でおこないます。
 視野の障害には、全周にわたって見えにくくなるもの、周辺からある部分だけが見えなくなるもの、両眼の視野の半分が見えなくなるもの、視野の中に見えない部分があるものなどがあります。

3.その他の障害
 その他の障害には、

  • まぶたに著しい欠損を残すもの
  • 調節機能、輻輳機能に著しい障害を残すもの
  • まぶたの運動障害
  • 眼球の運動障害
  • 瞳孔の障害

 があります。

認定基準

障害の程度障害の状態
1級両眼の視力の和が0.04以下のもの
2級両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの
身体の機能の障害が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの(※)
3級両眼の視力が0.1以下に減じたもの
障害手当金両眼の視力が0.6以下に減じたもの
一眼の視力が0.1以下に減じたもの
両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
両眼の調整機能及び輻輳機能に著しい障害を残すもの
身体の機能に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの

※「身体の機能の障害が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が
 著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度
 のもの」とは、求心性視野狭窄又は輪状暗転があるものについては次のいずれかに
 該当するものをいいます。

  1. I/2の視標で両眼の視野がそれぞれ5度以内に収まるもの
  2. 両眼の視野がそれぞれI/4の視標で中心10度以内におさまるもので、かつ、
    I/2の指標で中心10度以内のの8方向の残存視野の角度が合計56度以下のもの
     この場合、左右別々に8方向の視野の角度を求め、いずれか大きい方の合計が56度以下のものとする。

 

 

「眼の障害」の認定基準の詳しくはこちらをクリック

ごあいさつ

代表者 特定社会保険労務士 
吉崎 隆史

 地域で一番を目指し、親切・丁寧な対応をモットーとしております。
お気軽にご相談ください。

〔対応地域〕神奈川県全域
愛甲郡、足柄上郡、厚木市、綾瀬市、
伊勢原市、海老名市、大磯町、小田原市、鎌倉市、川崎市、相模原市、座間市、
寒川町、逗子市、茅ケ崎市、
二宮町、
秦野市、葉山町、平塚市、
藤沢市、
三浦市、南足柄市、大和市、
横浜市

お問合せはこちら

お気軽にお問い合わせください。初回の相談は無料です。

お電話でのお問合せはこちら
 ※10:00~18:00(土日祝対応可)

0467-87-6102

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

メールでのお問合せはこちら

障害年金説明会のご依頼について

障害年金についての無料説明会・相談会を行っています。

 障害年金のことを多の方に知っていただくために、医療機関、福祉施設、福祉団体、家族会等の皆様からのご依頼に応じて無料の説明会や相談会を行っています。各団体の趣旨にあわせたご説明と情報を提供していますので、ぜひご利用ください。